バックナンバー

歯科矯正に道具を使用する

マウスピースを使用した歯科矯正

  • トップ /
  • マウスピースを使用した歯科矯正

マウスピース歯科矯正の利点

歯並びがよくないと見た目が悪いだけでなく、虫歯や歯周病等などの歯の健康を損なうリスクが高くなるというデメリットがあります。また噛み合わせのさい不必要な力がかかって顎や体に悪影響をおよぼすことがあるので、できるだけ歯並びは矯正歯科でよくしておくことが望ましいです。歯科矯正は子どものうちにするもの、とイメージしている人は多いかもしれませんが、実は大人になってからも治療することは可能です。矯正方法は、ブラケットと呼ばれる金属でできた矯正装置を使用するのがよく知られているのですが、金属製のため非常に目立ちやすいのがネックです。最近では透明で目立ちにくいプラスチック製のブラケットも登場しているのですが、やはり口元を凝視されると周りには気付かれてしまいます。周りに気づかれずに歯並びを治したいという人は、透明な樹脂製のマウスピースを使用したマウスピース矯正がおすすめです。とても薄くて透明なので、ほぼ周囲に気づかれることがなく、また、マウスピースなのでいつでも口内から着脱することが可能なのも大きなメリットです。難点はブラケットよりもやや治療期間が長くなりがちという点です。治療にかかる費用は、歯の状態や歯科クリニックによって若干の差はありますが、だいたい平均して約70万円~80万円となっているところが多いようです。

↑PAGE TOP