バックナンバー

子供の矯正歯科について

早めの歯科矯正でリスクを防ぐ

  • トップ /
  • 早めの歯科矯正でリスクを防ぐ

矯正歯科の専門医に相談を

子供の歯並びに問題があると感じた場合、いつ頃から歯科矯正治療を始めたらいいのでしょうか。一般に、受け口など骨格に問題がある場合は3~6歳、歯並びに問題がある場合は永久歯に生え替わるころといわれています。受け口とは、下の歯が上の歯より前に出てしまっている状態です。噛み合わせが悪くなり、虫歯になり易くなったり、発音に問題が生じてくることもあります。早くに適切な矯正歯科の治療を受けることで、少ない負荷で、発育に合わせて改善することが可能になります。歯のでこぼこやすきっ歯、出っ歯などといった歯並びの悪さは、口がきちんと閉じにくく口内の環境を悪くしたり口の周りの筋肉に負担をかけたり、虫歯のや歯周病のリスクが高まったりします。また、見た目のコンプレックスを招きやすいという弊害もあります。子供の歯並びを治す場合、永久歯が生えそろってしまう前であれば、顎のバランスや成長を調整し、これから生えてくる永久歯の歯並びを整えるような治療をします。どちらの場合も永久歯が生えそろって顎の成長が終わった中学生ころから、大人の矯正と同じような治療をする第二期治療をおこなう場合があります。子供の歯並びに問題を感じているのならば、早めに矯正歯科の専門医に相談してみることが望ましいといえます。

↑PAGE TOP